弁護士に相談する前の浮気調査

弁護士に相談する前に浮気調査として行っておくべきこと

浮気や不倫が発覚すると、配偶者や浮気相手に慰謝料を請求して離婚をしたいと考える方はとても多いです。示談や裁判をするには弁護士に相談することになりますが、弁護士に浮気をしているかもしれないと相談をするのは間違っています。弁護士は示談や裁判に関する手続きには対応してくれますが、浮気に関する証拠集めや報告書の作成などは受け付けていません。

 

そのため弁護士に依頼をする前にまずご自身で浮気の証拠を集めることが必要になります。もちろん自分自身で証拠を集めるのは大変ですし、浮気をしていることを知っていることや、離婚や慰謝料請求を考えていることが相手にばれてしまうのは得策ではありません。そのためほとんどの方が浮気調査をプロの探偵に依頼しています。探偵事務所では離婚裁判の証拠になる不貞行為の報告書を作成してもらう事が可能です。裁判にそのまま資料として提出できるので別の事務所などで書類を作ってもらう必要はありません。

 

探偵事務所の浮気調査では浮気の有無はもちろん、浮気相手を特定し身元を明らかにする事ができます。離婚を選ぶ方以外にも、浮気相手にだけ制裁を与えたいという方も多く、さまざまなケースに対応してもらうことが可能です。探偵社によっては弁護士を紹介してもらうことができ、信頼できる先生に引き継いで貰うこともできますよ。浮気調査にかかる費用は事前に見積りを取り、納得してから調査を依頼することができます。下記ボタンのリンク先ページでは無料相談に対応している業者などを案内しているので、まずは複数社に問合せをして見積もり内容を比較してみてはいかがでしょうか。

 

⇒浮気調査で評判の探偵社・興信所お問い合わせ窓口