浮気調査後に提出される報告書

浮気調査後に提出される報告書の使途や内容について

探偵に浮気調査を依頼した場合、調査後に報告書を作成してもらえます。こちらではその報告書についてまとめていますのでご覧ください。

 

報告書は何に使う物か

報告書は依頼者が浮気の実態を知るだけでなく、浮気による離婚や慰謝料請求と発展し、協議離婚や調停兼裁判で有効な証拠となります。

 

報告書には何が記載されているか

報告書は、探偵事務所によって仕様が違います。一般的には何月何日何時何分いつ、どこで、誰が、誰と何をしていたかという内容が時系列に記載されています。その細かい行動記述とともに写真が記載されている場合があり、この報告書はとても優秀な報告書であるといえます。

 

証拠として有力な報告書

離婚時に有力な証拠は不貞行為を確認できる画像(写真、動画)だと言われています。そのため、報告書にこの事実を裏付ける写真が記載されていることはかなり効力を持ちます。ちなみに不貞行為を立証する写真のポイントは2人が一緒に写っている、2人が知人以上の関係と思われる、2人が出入りした場所は不貞行為が可能なところ(ラブホテル等)、その場所から2人が出てくる等です。

 

浮気調査の実力が優秀でも、報告書がずさんでは話になりません。会社のHPや依頼前に必ず報告書のサンプルや例で、どのような報告書か、効力をもつ報告書か必ず確認しておきましょう。報告書の仕上がりで、慰謝料や判決が変わると言っても過言ではありません。それほど浮気調査後の報告書は需要なものであることを覚えておきましょう。

 

⇒浮気調査の無料相談・見積もり依頼窓口