浮気の慰謝料相場と算出方法

浮気の慰謝料相場と算出方法について

不倫慰謝料の相場については、精神的苦痛の程度や浮気相手が独身・既婚者(W不倫)での違い、その他の要因で大幅に変わってくるため一律に決められるようなものではありません。結婚後3年から5年での離婚が多く、その場合の平均額は200万から300万と言われていますが、実際には大幅な差があります。こちらでは慰謝料の算出方法についてご説明いたします。

 

慰謝料決定の要素

婚姻期間、年齢、不倫前の結婚状況、不倫期間、修復可能性、子供への影響、離婚後の経済状況、不倫関係の継続、夫婦の別居の有無、もともとの異性関係、相手が子供を作り、略奪婚を狙っているなどが慰謝料を決める要素として考えらえます。浮気と直接関係はないものの旦那のモラハラやDVがあった場合

 

浮気相手への慰謝料請求

通常では浮気相手からも慰謝料請求はできます。しかし浮気相手がこちらの配偶者を既婚と知っていた・知らなかったの違いで慰謝料請求できるかどうかが変わってきます。不倫相手が結婚していることを知らず、既婚者だと知らなかったことについて正式な理由がある場合には慰謝料は求められません。

 

浮気相手が独身・既婚者( W 不倫)での違い

相手も既婚の場合、W不倫と呼びます。W不倫は被害者が二人いて、それは両方の配偶者です。不倫相手が独身の場合は夫と不倫相手に慰謝料請求できるのに対し、W不倫の場合は夫と不倫女性であり、不倫女性の夫は妻である不倫女性とあなたの夫に慰謝料請求できます。

 

浮気相手の妊娠

浮気相手が妊娠した場合には妊娠が発覚した時点で離婚を考え、不倫相手へ慰謝料の請求を行うことがベストです。離婚しない場合、出産後にこちらが慰謝料請求や養育費支払いなど不利になることが考えられますので、夫と縁を切っておいたほうが打撃は少なくなります。

 

謝罪文

慰謝料請求のみでなく謝罪文を求める場合もあります。この謝罪文の必要性は人によって異なってきます。慰謝料のみで納得できない場合に要求することが多くあります。浮気相手が独身・既婚者(W不倫)での違いはこちらでもあります。W不倫では謝罪文も両方の被害者に提出することになります。謝罪文を出すことによって慰謝料が変わってくるなど不利に傾くことは考えづらいので、求められたら素直に応じることが最善とされています。

 

⇒浮気調査の無料相談・見積もり依頼窓口