結婚してから相手が浮気する経緯と対策・防止策

結婚してから相手が浮気する経緯と対策・防止策

未婚の男性より、既婚の男性の浮気のほうが多い傾向にあります。これはなぜでしょうか。結婚してからの浮気について考えていきましょう。

 

結婚して浮気になる経緯

既婚者と未婚者、どちらがモテるかというと圧倒的に前者です。妻という存在がいて、一家の主であり、社会的にも安定していて地位がある、そんな抜群の信頼感が男性をかっこよく見せます。女性はもともと男性に守ってほしい性。そのため信頼のあるしっかりした(ように見える?)既婚者が素敵に見えることから、好意を抱くようになります。そして、既婚者はモテるため、そのまま浮気に走ってしまうパターンが多くなっています。つまり既婚者の立場が女性に人気があることと安易にその気持ちに流されてしまうことが結婚してからの浮気に繋がると考えられます。

 

とくに新婚が注意

新婚時期はラブラブで他の異性になんて目もくれず、という夫婦ももちろんいますが、「本当はこんなはずじゃなかった」「結婚してから嫌な部分が見えてきた」という方も案外多くなっています。そんな人が浮気に走る傾向にあります。新婚だから安心というわけではなさそうです。

 

対策、防止策は夫婦の絆

結婚して浮気をする男性を止まらせるには、夫婦関係が良好であることが一番の防止策です。思いやりを忘れず、お互いを信頼しましょう。もし万が一浮気をされても、円満な夫婦関係が背景にあれば慰謝料請求できる可能性が高いので安心です。

 

⇒夫の行動が怪しい場合の浮気調査相談窓口一覧