婚約中に相手が浮気をする経緯と対策・防止策

婚約中に相手が浮気をする経緯と対策・防止策

好きな人との恋愛を実らせてめでたくゴールインすることは、女性にとって、そして、男性にとっても夢の実現ともいえるでしょう。そんな婚約者が結婚を目の前に浮気することはあってはならないこと。しかし、実際には婚約中の浮気は多い傾向にあります。こちらではそんな婚約期間の浮気についてお伝えします。

 

婚約中の浮気の経緯

男性が浮気をするシチュエーションで一番多いのが、彼女や妻に安心したとき。つまりその中間である婚約中は一番浮気しやすい時期ともいえます。また入籍前であれば浮気は許されると思い、してしまうパターンもあります。どちらにしても結婚前の浮ついた気持ちから浮気に発展してしまうといえます。

 

婚約中の浮気の防止策・対策

婚約中に浮気をしてしまう男性は結婚に対しての覚悟が足りないことが考えられます。そのため、正式な婚約の場として結納の席を設けたり、婚約指輪を購入したりして結婚に対する認識を高めましょう。また結納や婚約指輪の譲渡などで婚約が認められる事実があれば、浮気による婚約破棄で浮気された婚約者が慰謝料請求できる場合もあります。そのような法律も知ってもらい、「浮気は罪になる」という意識をしっかりと持ってもらうことも大切です。早めに二人での新生活をはじめ、新鮮な気持ちにさせることもおすすめです。二人で住むことで彼女の監視も行き届き、浮気しづらい環境に無理やりもっていくこともポイントです。

 

⇒婚約中の浮気調査無料相談・見積もり依頼窓口