自身で行う浮気調査

自力(自分自身)で行う浮気調査

夫が浮気をしていることを確信すれば証拠を掴みたくなりますよね。裁判のときに効力を発揮する証拠は不貞行為を認める書面念書や会話の録音もしくは不貞行為を行っている現場を写真や動画に撮る必要があります。不貞行為を行っている現場は不貞行為最中ではなくとも、ラブホテルに何度も通う映像でもOKです。この証拠を掴み、協議離婚に入りますが、協議で決まらない場合は自分で調停申し立てをして、家庭裁判所での調停により決まります。

 

そんなセルフ浮気調査ですが、証拠を掴むことが困難である場合がよくあります。マンションのカメラや街頭カメラは管理人や市や区など行政のものですので当然そちらの画像に頼ることはできませんので、自分の手で現場を押さえなければならないのです。そして浮気調査していることが相手にバレてしまったら、一気に信頼を無くしますし、その後断じて証拠を出さないようになります。つまりセルフ浮気調査はかなりリスキーなものであるということです。

 

そこで活躍するのが探偵です。まとまった資金は必要にはなりますが、浮気が確定した場合には慰謝料が手に入りますし、浮気でなかった場合にも相手に見つかり関係を壊すようなことがない保険代だと思えます。

 

そんな探偵は相手に見つからない安心感だけでなく、素人が行うとストーカー規制法に抵触する恐れがある尾行が探偵には許されています。徹底的に尾行ができるので浮気現場を確実に押さえてくれます。

 

浮気するタイミングを見計らうまではセルフ浮気調査で調べ、尾行からの行動は探偵に任せましょう。ポイントを押さえた調査をすることにより、資金も抑えられますし、短期間で証拠をつかむことができます。

 

⇒浮気調査で評判の探偵社・興信所一覧