フェイスブックやLINE等のSNSから浮気する経緯と対策

フェイスブックやLINE等のSNSから浮気する経緯と対策

今や当たり前の存在となったSNS。その種類はどんどん増え、色々なタイプのSNSがあります。用途によって使い分けている人も多いことでしょう。そんな便利なサービスは浮気をするツールとしても便利な要素を含んでいます。こちらではSNSから発展する浮気についてお伝えし、対策と防止策についても触れていきます。

 

見知らぬ異性との出会い

mixiやGREEでは匿名登録がほとんどでプロフィールや更新情報、写真などで相手がどのような人か興味を持つところから発展していきます。更新内容へのコメントやダイレクトメールで相手と連絡を取りながら親しくなっていきます。

 

かつての友人や懐かしい知人と再会

フェイスブックは実名登録が多く、学生時代の旧友や、昔の知り合いと懐かしい出会いがある場所です。久しぶりの再会に幼い面影はすっかりなくなり大人っぽく変身していたり、精神面や職業に惹かれるものを持ち合わせていたりして、昔とのギャップから恋愛に発展することが多くなっています。同窓会などで会ったときにも連絡先を聞くより、facebookで友達申請する方が気軽にやり取りできることも特徴です。

 

趣味を通じたやりとりができる

モバゲーでは、ゲーム攻略という同じ目標に向かって協力することが浮気に繋がりやすいといわれています。またモバゲーでもメッセージのやり取りなどできますが、その機能は知られていないことが多く、彼女や妻から警戒されないことがメリットです。オフ会なども開催されており、そちらも新しい出会いの場になっています。

 

証拠の残らないLINE

ラインは今やメール代わりに使われている定番SNSです。このラインはアプリさえ消してしまえば履歴を消すことができるので、証拠を残さず浮気相手とやり取りができます。また初対面の相手でもメールアドレスは聞くことができなくても、ラインのIDは聞くことができたりしますので、ラインは浮気のツールとして最適だといえます。

 

対策・防止策

このようなSNSでの浮気を防ぐには、携帯はロックしないという決まりにすることです。そのルールを決めた後に携帯を肌身離さず持つという行為が目立ったら、浮気を疑いましょう。そして浮気の根本を探り、解消させる方向に進みましょう。

 

⇒浮気調査の無料相談・見積もり依頼窓口