浮気調査の頼み方とタイミング

浮気調査の頼み方(成功確率を上げ安く押さえるコツ)

浮気調査を自身の力のみで行うのではなく、プロの探偵に調査を依頼すると、早く確実に証拠が得られることが多くなっています。それでは浮気調査はどのように、どんなタイミングで頼むとよいのでしょうか。成功確率を上げる依頼方法と料金を安く押さえるコツについてお伝えしていきます。

 

事前のセルフ調査を行っておく

探偵に依頼すると調査が長引けば長引くほど料金が膨れ上がります。そこで、短期間で浮気の証拠が獲得でき、結果的に調査料金も安くなるためには、自分でできるだけ情報を集めておくのが良いです。

 

セルフ調査はどこまで

浮気を疑ったらまずは、夫(彼)の素行調査をするようにしましょう。つまり物的証拠や状況証拠を集めるということです。浮気を疑わせるレシートや明らかな行動の変化がそれにあたります。その他携帯のメールやSNSでのやりとりも証拠となります。このメールやSNSは不貞行為の証拠とはならないので、慰謝料や裁判となった時に効力がありません。そこで不貞行為の現場を押さえる為に活躍するのが探偵です。

 

尾行からは探偵が

浮気夫(彼)の行動パターンが読めたら、その物的証拠や状況証拠を持って、探偵に依頼します。ある程度目星をつけて調査してもらうことで成功率はあがり、短期間で証拠が掴めます。そして料金の節約にもなります。

 

このようにセルフ調査をしっかりとしてから、調べた情報を持って依頼することが依頼時のポイントとなります。しかしセルフ調査が長引くと現場を押さえるタイミングを逃しかねないので、1ヶ月から3ヶ月程度にとどめておきましょう。

 

⇒浮気調査で評判の探偵社・興信所一覧