浮気とは

浮気とは?どこからが浮気?浮気の意味や定義・境界線

男女間のトラブルで代表的な浮気。浮気ってなに?どこから浮気?そんな疑問に答えるべく、浮気についてお伝えしてきます。

 

浮気の意味と境界線

まず浮気の定義としては交際している人や配偶者などがいながらその他の異性と関係を持ってしまうことです。どこからが浮気という基準やボーダーラインに関しては、キスをしたら、手をつないだら、二人きりで食事に行ったらなど、人それぞれ感じ方が違います。

 

体の浮気と心の浮気

浮気の中でも体の関係を持ってしまう「体の浮気」と恋愛感情をもってしまう「心の浮気」、があります。要は「肉体的浮気」と「精神的浮気」です。体の関係はドライな感情で行われるため断ち切りやすいことに比べ、心の浮気はズルズルと引きずってしまう傾向にあるため、後者の方が厄介な傾向にあります。

 

浮気する心理とは

男性の浮気は女性のそれとは反対に、彼女(妻)に満足すると別の女性と不貞行為に至ってしまうケースが多くなっています。これは男性の子孫繁栄の本能が働き、一方のメスをキープしつつ、さらに新しいメスを求めるという心理に則っています。また仕事などのストレス発散のはけ口として女性を利用することもあります。

 

男性の浮気の特徴

男性の浮気の特徴としては「罪悪感がゼロ」ということです。浮気中や浮気後に本命の人に対して後ろめたい気持ちを持つ人や後悔する人はなんと全体の2割に満たないというデータがあります。

 

不倫と浮気の違い

不倫の定義は配偶者の他と不貞行為に及んでしまうことです。つまり浮気との違いは結婚しているか否か、肉体関係があるかということがポイントになりますが、体の関係なしでも不倫と認定されるケースもあり、一概には言えないと考えられます。

 

以上のように、浮気とは何かということについて触れてきましたがいかがでしたでしょうか。まとめると、浮気とはきちんとした区切りは付けられず、感じ方は人それぞれです。それゆえ、うわきをしている本人に罪悪感があることが少なくなっています。また、精神的浮気と肉多的浮気、既婚者の浮気(不倫)など種類があります。

 

⇒浮気調査の無料相談・見積もり依頼窓口