男女の浮気の罪の重さの違い

男女で浮気の罪の重さに違いはあるの?

男性と女性の浮気の違いについてはよく語られます。実際に罪の重さに違いはあるのでしょうか。こちらでは男女の浮気の罪の重さという観点で比較していきます。

 

法的に罪の重さは同じ

結論から言うと「罪の重さは同じ」です。法律では男女間に浮気による罪の差は認められていません。

 

男性の浮気と女性の浮気

一般的によく言われているのは男性の浮気は肉体的欲求を満たすために、女性の浮気は精神的欲求を満たすためといわれています。肉体的欲求を満たすことは、結婚をしていると「不貞行為」に直接繋がりますので、法的に罰せられる傾向にあります。対して女性の精神的欲求の浮気は肉体的関係を伴わない可能性がありますので、法的には罰せられない可能性もあります。

 

女性の浮気はたちが悪い?

では女性の方が罪は軽いのかというと、実は女性の方がたちが悪いという考えがあります。それは女性の浮気は心まで奪われてしまう、つまり本気になってしまうため、なかなか切れないからです。そのためズルズルと長引くことが多くなっています。

 

このように男性の浮気は肉体関係から切り離せないので、不貞行為になってしまい、法的に「罪」と認識されやすくなっています。その点女性は不貞行為に直接繋がりませんが、心の浮気として、なかなか抜け出せなくなり、結果的に不貞行為になることも多いのでたちが悪いといえます。どちらにしても浮気はいけないことですので、罪の重さにかわりはないといえるでしょう。

 

⇒浮気調査で評判の探偵社・興信所一覧