浮気調査にかかる期間

浮気調査にかかる期間(時間・日数)

浮気調査はどのくらいの期間を行えばよいのでしょうか。こちらでは浮気調査にかかる期間についてお伝えしていきます。

 

まずは浮気夫(彼氏)の素行調査

浮気を疑ったら、まず浮気している夫や彼氏の行動をチェックします。そこで証拠が掴めれば一番いいのですが、なかなか難しい場合がほとんどです。しかし行動観察しているうちに月に何回会っているか、何曜日に会っているか、どこで会っているか、どんなタイミングで会っているか、どんな連絡方法をとっているかなど行動パターンが読めてきます。この行動パターンは1ヵ月から3ヶ月で掴めます。

 

尾行からは探偵に頼む

証拠集めのために尾行するのが一番ですが、ここからはプロに頼みましょう。探偵に依頼すると長引く程に高額になるので、素行調査で浮気しそうな日程や時間帯、場所を絞って依頼しましょう。一般的には一週間を目安にして依頼するのが良いといわれています。

 

調査が長引きそうなとき

一週間では浮気の証拠が得られない場合には、一旦浮気調査を打ち切りましょう。そして対象者が浮気をしているかどうか、しているのならばいつどこでしているのか等、もう一度よく素行を確認してから依頼するとよいでしょう。

 

浮気の頻度が少ないとき

浮気相手と年1、2回しか会わないという場合には、証拠を掴むまで何年もかかってしまうこともあります。浮気より3年以降は証拠があっても慰謝料請求できないので、浮気の頻度が少ない場合にはかなりピンポイントな調査と行動が大切です。

 

⇒浮気調査の無料相談・見積もり依頼窓口